保険適用外の治療|矯正歯科を探すなら治療法をチェック

ワイヤーよりやや高め

虫歯の治療をして行う

医療器具

歯列矯正は、人にもよりますが基本的には自由診療で行うことになります。つまりは、自分の判断で受ける治療です。歯列が悪いために生活に影響が出る人もいますが、今のところは美容的な意味合いが強いとされています。そのためにどうしてもお金がかかります。みよし市の矯正歯科でインビザラインを受ける場合の費用としては、ワイヤーで行う方法よりもやや高めになる場合があります。日本ではまだ行っているところが少なく、行う技術を持っている歯科医師も少ない状態です。みよし市の矯正歯科の場合は、インビザラインの治療費もできるだけワイヤーでの治療に近づけるようにしてくれています。ただ、それぞれの歯科で料金は異なります。納得のいく価格の歯科医院を利用すると良いでしょう。みよし市の歯科医院でインビザラインを行うとき、事前に把握しておいた方が良いことは、どのような設備があるかです。自分自身で調べても良いですし、みよし市の歯科医院で確認しても良いでしょう。インビザラインでの治療を始めると歯のトラブルが大きな問題になります。そのため、行う前に歯のトラブルを解消しておくのが良いとされています。虫歯であったり、歯周病などのトラブルがある状態だと、それを悪化させてしまうこともあります。行う日程を定めたら、それから逆算をしていつ頃に虫歯治療などをするのが良いかなどを調べておきましょう。矯正歯科専門ではなく一般歯科も行っているところであれば、虫歯の治療も含めたプランを立ててくれます。

定期的に交換をする

男女

歯科矯正を行うとき、ワイヤーを使った方法が一般的です。仕組みとしては、それぞれの歯に金具を取り付け、一定の力がかかるようにします。すると少しずつ動くので、一旦ワイヤーを取付けるとしばらくはその状態を維持することになります。みよし市の矯正歯科ではインビザラインと呼ばれる方法で歯科矯正を行ってくれます。この方法ではワイヤーは用いず、透明なマウスピースを使って行います。みよし市の歯科医院のインビザラインはワイヤーを使わないので、口を開けた時でも口に何かが見えるようなことはありません。そのため見た目を気にする必要がないメリットがあります。ただ、マウスピースを付けるだけで本当に治療ができるのか疑問に感じる人もいるでしょう。みよし市の矯正歯科で行っているインビザラインは、まず最初のマウスピースを取付けて数週間過ごします。最初の取り付けは歯科で行ってもらいますが、自分でも外したりつけたりが可能です。みよし市の歯科医院のインビザラインでは、数週間経過した後に別のマウスピースに交換します。それぞれのマウスピースは微妙にサイズが異なるようにできていて、少しずつ歯を動かす仕組みになっています。ワイヤーのように引っ張るわけではなく、そのマウスピースに合わせるように歯が動いていきます。ワイヤーを使うときは、見た目以外にも違和感などの問題が出やすくなりますが、インビザラインでは違和も感じにくい方法になるので興味を持つ人は多いでしょう。

マウスピースで良い歯並び

医療器具

インビザラインはマウスピース型の装着を用いて歯列矯正を行う方法です。矯正器具をつけっぱなしの状態で何年も過ごすことになる他の歯列矯正と異なり、食事の時などには取り外しをすることが可能です。インビザラインは透明のマウスピースを使うのでつけていても目立ちにくく、人の目を気にすることなく歯並びを改善することが出来ます。みよし市にはインビザラインの治療を行うクリニックがあります。みよし市内在住の方やみよし市近郊に在住の方は通いやすい場所でインビザラインの治療を受ける事が出来ます。また、愛知県内の方でインビザラインを受けたい場合は、みよし市で治療を受ける事が可能です。歯並びが気になるので歯列矯正をしたいけれど、仕事の関係で目立つ矯正器具はつけたくないという方やワイヤー型の歯列矯正器具は苦手という方でもインビザラインなら安心して矯正をする事が出来ます。特に大人になってからの歯列矯正は目立ちにくい矯正方法を選ぶ方が多く、インビザラインはその中でも目立ちにくく治療しやすい矯正方法です。マウスピースはとても薄いので違和感や痛み無く装着する事ができるのも人気の理由であると言えます。インビザラインのマウスピースは、歯並びの矯正期間中に歯並びの変化に応じて段階的に形を変える事ができるので、効率の良い治療方法であると言えます。また、マウスピースはいつも洗って清潔な状態を保つ事ができるので衛生的です。対応年齢層の幅が広く、若年層ばかりではなくシニア世代でも矯正する事が出来ます。治療期間は1年?2年ほどと他の矯正方法と変わりはないので、マウスピース型の治療だからといって時間がかかるわけではなくスムーズな治療が期待できます。